男性不妊症は、どうすれば治療できるのか?

男性の不妊症の問題。

男性の場合は特に自分に原因があると認めたくなかったり、プライドが邪魔をしてなかなか受け入れられない方も多くいらしゃいます。

特に不妊症は女性に原因が多くあると思われがちですが、男性の方もストレス社会や晩婚化が進む中で不妊症は増加しています。

最近では、男性の10人に1人は精子に問題があるとい言われるほど女性だけの問題ではなくなってきているのです。

では、男性の場合にはどこに行けば治療を受けることが出来るのでしょうか!?

不妊治療がなかなかうまくいかないあなた。鍼灸をためしてみませんか?福岡市の不妊治療エザキ鍼灸院へご相談ください。

不妊症の検査から。

女性と同様に婦人科で精液所見または泌尿器科の専門医に診てもらうことが出来ます。

まずは、既往歴や生活習慣などの問診から始まり、尿検査による前立腺の状態の確認。

その後、触診による精巣の大きさなどの状態の確認。

そして、採血をしてホルモン値をみるホルモン検査を行います。

精液の確認も持ち込みやその場で行うことが多いと思います。

また精液所見では、精子が少ない乏精子症と精子がいない無精子症に分けられます。

上記のような検査の結果を元に、状態に応じた投薬治療やホルモン治療を行います。

不妊自体の原因は放射線の治療や化学療法などの治療、ウィルスの感染による精巣炎などの既往歴によってなどさまざまです。

男性の不妊症に多い原因。

その中でも不妊の原因で最も多いのは、陰嚢内の静脈にこぶができる精索静脈瘤です。

この場合には精巣の機能が低下してしまうので、機能改善のために静脈を結紮する手術を受けることもあります。

また、無精子の場合で、精子の通り道が詰まっている閉塞性無精子症の場合は精路再建術を行います。

精路再建術は難しい手術で行えない時や非閉塞性無精子症の場合に精巣の中から精子形成をしている部分を顕微鏡下に探し出し、良好な精細管を取り出して精子を採取するマイクロTESTという手術をすることがあります。

まだまだ女性に比べると、助成金の問題や充分に治療を行える場所が限られていますが治療を受けることは出来ます。

男性も女性と共に協力していきましょう!!

不妊治療のススメ。

今、「どうしたら妊娠できるか」を一緒に考えてくれる西宮市 不妊治療が私のおすすめの鍼灸院です、

男性不妊の治療も可能です。少し遠いと思われるかもしれませんが、遠方から通っている人も少なくないです。埼玉はもちろん、関東で不妊に悩まれている方には、是非お勧めいたします。

お願い(免責事項)

本サイトは、不妊治療に悩む方々への情報提供およびそれらの症状で悩む方の助けになりたいと願う医療機関をつなぐサービスを主目的としております。治療に関するご相談は受け付けておりません。

また、内容には万全をきしておりますが、素人の体験談なども含まれています。内容によるトラブルなどは責任を負いかねますので、自己判断はせず、必ず、医師・専門家の指示を仰いで下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ